メインビジュアル1 メインビジュアル2 メインビジュアル3 メインビジュアル4 メインビジュアル5

創業は昭和39年。不世出の蕎麦名人といわれ、創業者である遊蕎子(ゆうきょうし)片倉康雄に師事した店主があまたの文化人の呼びかけもあり、この地に店を構えました。
素材を吟味し、輝きや食感、喉ごしまでにこだわって打ち出された手打ちの味は、川端康成や小林秀雄、大佛次郎といった美食家の鎌倉文士にも愛されたほど。
当時と変わらぬ製法と熟練の技により一品一品を丁寧かつ丹精込めて打ち出しています。
一茶庵は「守破離(しゅはり)の食」を大切にしています。これは味を、技術を、そして伝統を守りながら、自分らしさ、そして店の個性を追求し続けること。時代や場所は変わっても、私たちは守破離(しゅはり)の心を受け継いでいきます。
すべてのお客様に喜んでいただくことを、最高の糧としながら…。

新着情報

店舗情報

店舗内観 店舗情報